2024-06-13

第82回サイバースペースと仮想都市研究会 論文募集

===============================
日本バーチャルリアリティ学会
第82回サイバースペースと仮想都市研究会
第73回複合現実感研究会
論文募集のお知らせ
===============================

サイバースペースと仮想都市研究会(SIG-CS)と複合現実感研究会(SIG-MR)は下記の通り、共催研究会を開催いたします。
ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会(SIG-DeMO)と電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎(MVE)とは連催となります。
北海道での共催研究会は、函館、札幌、旭川、釧路、網走、帯広、稚内、根室、利尻島、洞爺湖、小樽、支笏湖、北見、札幌、知床、函館、釧路、阿寒湖、室蘭と回を重ねてきました。記念すべき20回目となる今回は、利尻島で開催いたします。
本合同研究会は、AR/MR技術、ヒューマンインタフェース技術、メディア情報処理技術に関する基礎/応用研究発表を幅広く募集いたします。質の高い完成された研究発表だけでなく、萌芽的な研究テーマや、新たなステージを迎えた国際・社会状況の中での新しい生活様式の提案や働き方・遊び方の再構築の話題など、多くの皆様に御発表いただき、これまでにも増して活発な議論を行いたいと思います。実験が実施できていない研究につきましても、議論の場として本研究会を積極的にご活用ください。多数の皆様の発表申込みをお待ちしております。
連催:電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎(MVE)、ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会(SIG-DeMO)

-------------------------------
会場:利尻富士町総合交流促進施設「りぷら」(現地開催です)
北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字栄町119番地1

開催日:9月26日(木)-27日(金)

申込締切:7月15日(月)

原稿締切:8月29日(木)
今回は現地開催ですが、聴講のみのオンライン環境を準備する予定です(聴講者は音声を聞くだけ、質問はSlack経由で)。

発表申込方法
SIG-CS(日本バーチャルリアリティ学会 サイバースペースと仮想都市研究委員会)
SIG-MR(日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究委員会)
SIG-DeMO(ヒューマンインタフェース学会 デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会)
で発表の方は、以下のフォームから申し込みください。
<申し込み用URL>

原稿送付方法:お申し込み後、追って詳細をご連絡いたします。
本連載研究会で発表されるすべての予稿原稿は、電子情報通信学会MVE研究会、日本VR学会サイバースペースと仮想都市研究会、HI学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会が発行する冊子の技術報告等に掲載されます。これに加え、複合現実感研究会で発表される予稿原稿は、複合現実感研究会のWebページにも電子的に掲載されます。

問い合わせ先
複合現実感研究会、サイバースペースと仮想都市研究会、MVE研究会、デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会(SIG-DeMO)共通問い合わせ先
2024hokkaido-jointconf@googlegroups.com

2024-04-30

第81回サイバースペースと仮想都市研究会 プログラム

========================================================
第33回 香り・味と生体情報研究会
第81回サイバースペースと仮想都市研究会
第53回テレイマージョン技術研究会 合同研究会
========================================================
日本バーチャルリアリティ学会 香り・味と生体情報研究委員会、サイバースペースと仮想都市研究委員会、テレイマージョン技術研究委員会では、2024年6月13日(木)〜14日(金)に標記の合同研究会を開催致します。

◆参加方法:参加を希望される方は、以下のフォームから事前登録をお願い致します。
※発表者の方も事前登録をお願い致します。

◆開催日: 2024年6月13日(木)〜14日(金)

◆開催場所:下北文化会館(〒035-0072 青森県むつ市金谷一丁目10-1) https://shimobun.com/

◆テーマ:一般

◆参加費(予定):一般 2000円,学生 無料
※ 研究会では宿泊を手配いたしません.各自で手配をお願いいたします。
※ 予稿はPDF配布となります。
※ テレイマージョン技術研究会で発表、参加の方は委員会事務局へお問い合わせください。

◆プログラム
2024年6月13日(木)
受付 09:40-09:55

1日目 開会挨拶 09:55-10:00(SBR)

セッション1:座長 谷川智洋(東京大学)
(1) 10:00-10:30(SBR)
呼吸同期嗅覚提示デバイスによるカテゴリ不一致な味嗅覚情報の統合
◯川村美帆,西田勇樹(立命館大学),大野雅貴,鳴海拓志(東京大学),小早川達(産業技術総合研究所),和田有史(立命館大学)
(2) 10:30-11:00(SBR)
レトロネーザルアロマ提示システムの試作
〇深池美玖,宮下芳明(明治大学)
(3) 11:00-11:30(SBR)
クラスタ型デジタル空気砲における柔軟素材による偏向ノズルの検討
〇森田尚樹,西川凌(名城大学),安藤潤人,野間春生(立命館大学),柳田康幸(名城大学)
(4) 11:30-12:00(SBR)
Odor Detection Based on Semantic Context in Video Subtitle
〇Yi Chen Shen(Tamkang University, The University of Eletro-Communications), Haruka Matsukura, Maki Sakamoto(The University of Eletro-Communications)

==============昼食 12:00-13:20==============

セッション2:座長 石田智行(福岡工業大学)
(5) 13:20-13:50(SBR)
匂い・ガスの発生源を探索するロボット:粒子フィルタによる屋外環境の匂い・ガス源位置推定
松倉悠(電気通信大学),原津拓巳,坂上源生,〇石田寛(東京農工大学)
(6) 13:50-14:20(CS)
福岡工業大における農業DX ~あまおう農場との共同研究について~
〇前原秀明,田中悠登,倉上優花,平良優衣(福岡工業大学),前村健太(マエムラファーム)
(7) 14:20-14:50(TI)
An approach to systematic representation and computation of natural concepts of human mental activities based on a mind model
〇Masao Yokota (Fukuoka Institute of Technology)

休憩 14:50-15:00

セッション3:座長 宇都木契(日立製作所)
(8) 15:00-15:30(TI)
スプラトゥーンにおける「報告」の効果
〇宮地英生,金子竜也(東京都市大学)
(9) 15:30-16:00(CS)
顕著性マップと視線方向の対応関係に着目したVR酔い推定手法の検討
◯岡本一真,朴 燦鎬,小川剛史(東京大学)
(10) 16:00-16:30(CS)
XR体験時の行動とパーソナリティの関係評価 ※CS受賞講演
◯沼田崇志,中道拓也,藤原貴之,鈴木真太郎,三谷佳一,中村俊輝(日立製作所),唐沢かおり(東京大学)

休憩 16:30-16:40

セッション4:座長 沼田崇志(日立製作所)
(11) 16:40-17:10(CS)
LayerShift: ロボット型透明ディスプレイを用いた再構成可能なレイヤー表現  ※CS受賞講演
〇草深宇翔,千明裕,望月崇由(NTT)
(12) 17:10-17:40(CS)
裸眼 3D ディスプレイにおけるカメラ切り替えと低負荷な画像処理を用いた滑らかな運動視差表示
佐々木海人,柳田恭佑,〇小池崇文 (法政大学)
(13) 17:40-18:10(TI)
点群データからの360度画像を用いたメッシュ生成・表示に関する基礎検討
◯山下圏,高橋弘毅,加藤徹,土井章男(岩手県立大学)

==========================
2024年6月14日(金)
特別講演ワークショップ:座長 塩澤秀和(玉川大学)
09:00-13:00
恐山専属ガイドによる講演&恐山境内見学(研究会会場とのバス往復移動含む)
※費用:1人5000円程度(入山料および研究会会場からのバス移動料金含む。参加人数によって増減します。研究会の参加費とは別に支払いが必要です)

==============休憩 13:00-13:15==============

2日目 開会挨拶 13:15-13:20(TI)

セッション5:座長 江原康生(大阪電気通信大学)
(14) 13:20-13:50(TI)
磯焼けを表現可能な仮想小袖海岸構築とウニ漁体験に関する研究
〇川村澪渉,釜谷博行,細川靖(八戸高専),土井章男(岩手県立大学)
(15) 13:50-14:20(TI)
生成AIを用いたメタバース世界に馴染むアバタの生成方法
〇西眞輝,小木哲朗(慶應義塾大学)
(16) 14:20-14:50(TI)
遠隔VRコミュニケーションにおける立体音響の実装と臨場感向上に関する評価
◯西顕豊,江原康生(大阪電気通信大学)

休憩 14:50-15:00

セッション6:座長 新島有信(NTT)
(17) 15:00-15:30(CS)
台パンの音情報差し替えによる不快感低減方法の提案
◯池谷悠杏,桑宮陽,小林稔(明治大学)
(18) 15:30-16:00(SBR)
簡易な匂い提示デバイスに対する頭皮脳波と表現類似度分析に関する一検討
〇村岡慶人,中根愛,志水信哉(NTT)
(19) 16:00-16:30(SBR)
輻射による急激な温冷感変化が嗅覚強度へ及ぼす影響に関する基礎的検討
〇松倉悠,横矢晴香(電気通信大学),久米祐一郎(電気通信大学,平由商店研究部),水野統太(電気通信大学)

閉会挨拶 16:30-16:35(CS)

研究情報交換会 17:00-18:30
・「サイバースペースと仮想都市」
・「香り・味と生体情報」
・「テレイマージョン技術」

2024-03-06

第81回サイバースペースと仮想都市研究会 論文募集

========================================================
第33回 香り・味と生体情報研究会
第81回サイバースペースと仮想都市研究会
第53回テレイマージョン技術研究会 合同研究会発表募集のお知らせ
========================================================

日本バーチャルリアリティ学会 香り・味と生体情報研究委員会、サイバースペースと仮想都市研究委員会、テレイマージョン技術研究委員会では、2024年6月13日(木)〜14日(金)に合同研究会を開催いたします。


幅広く発表を募集しております。多くの皆様からの発表申込をお待ちしております。 詳細は以下をご覧下さい。

---------------

◆開催日:2024年6月13日(木)〜14日(金)

◆開催場所:下北文化会館(〒035-0072 青森県むつ市金谷一丁目10-1) https://shimobun.com/

◆テーマ:一般

◆参加費(予定):一般 2000円,学生 無料
※ 研究会では宿泊を手配いたしません.各自で手配をお願いいたします。
※ 予稿はPDF配布となります。

◆発表申込締切:2024年4月19日(金)

◆発表申込方法:以下のフォームに必要事項を入力の上,送信ください。

◆原稿送付締切:2024年5月24日(金)

◆原稿送付先:発表申込時に入力頂いたメールアドレスに,後ほど連絡いたします。

◆原稿作成要領:発表する研究会のページをご覧の上,原稿を作成してください。


◆問い合わせ先:
香り・味と生体情報研究委員会(info@sigsbr.org)
サイバースペースと仮想都市研究会(kenkyukai@sigcs.org)
テレイマージョン技術研究委員会(n3vr-office@n3vr.org)

2024-03-01

第80回サイバースペースと仮想都市研究会 プログラム

--------------------------------------------------------------------

日本バーチャルリアリティ学会

第80回サイバースペースと仮想都市研究会 プログラム

--------------------------------------------------------------------

■日程

2024年3月14日(木)


■会場​

山口大学 常盤キャンパス(山口県宇部市) D講義棟 D12教室

https://www.eng.yamaguchi-u.ac.jp/10info/access.html

※JR宇部新川駅からバスをご利用ください。


参加費

一般:2000円

学生:無料


参加申し込み:下記URLよりご登録ください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfdHKjY0CnQnxJvGyFYZNdQ4Kn6xZl4me-EECUUcHdHfMECiw/viewform

※事前の参加者把握のため3/12(火)までの申込みをお願いいたします。



■プログラム

10:10 - 10:20  受付・開会あいさつ


(10:20-11:30 セッション1)

(1)10:20-10:50

非対称CVEにおけるリアル/バーチャル空間の重畳ずれがコミュニケーションへ与える影響の一考察

〇辻 真彦,松元 崇裕,横張 和也,谷田 隆一(NTT)

(2)10:50-11:20

AR 情報提示システムを用いた歴史観光コンテンツの開発 ―アーケード環境下における VPS による自己位置計測技術の検討―

〇片岡勲人(東海大学),関口敦仁(愛知県立芸術大学),山田秀昭(名古屋大学),杉本 修(KDDI)


11:20-11:30 休憩


(11:30-12:00 招待講演セッション)

(3)11:30-12:00

インテリジェンスをキーワードとしたリモートセンシングに関わる取り組み

〜衛星画像解析と脳の情報処理に触発されたニューラルネットワーク〜

〇佐村俊和(山口大学 大学研究推進機構 応用衛星リモートセンシング研究センター)


12:00-13:00 昼食


(13:00-14:30 セッション3)

(4)13:00-13:30

福岡工業大における農業DX ~初年度の取り組み~

須崎 彩, 寺園 航基, 山下 太陽, 〇前原 秀明(福岡工業大学)


(5)13:30-14:00

ノイズ混入を考慮した振動提示手法の検討

〇鈴木督史,千明裕,望月崇由(NTT)


(6)14:00-14:30

飲水時における近赤外線を用いた糖質摂取量推定に関する一検討

米澤圭吾,〇小川剛史(東京大学)


14:30-14:40 休憩


(14:40-15:40 セッション4)

(7)14:40-15:10

関係人口創出に向けた男木島メタバースコンテンツアイデアソン参加者の意識変容調査

〇徳永 徹郎,渡邊 真由子(NTT),奥田 直己(NTT西日本),望月 崇由(NTT)


(8)15:10-15:40

コンサルタントのノウハウを形式知化した将来議論を支援するAI未来シナリオシミュレータの有効性と評価

〇味八木 真理子,森本由起子,池ヶ谷和宏,福田幸二,森木俊臣(日立製作所)


15:40-16:00 閉会あいさつ、片付け


■問い合わせ先

サイバースペースと仮想都市研究会

E-maill: kenkyukai[at]sigcs.org


■研究会ホームページ

サイバースペースと仮想都市研究会

http://www.sigcs.org