2019年3月16日土曜日

第67回研究会論文募集(佐賀県)

================================================
第67回サイバースペースと仮想都市研究会 論文募集のお知らせ
================================================

日本VR学会 第67回 サイバースペースと仮想都市研究会(佐賀県武雄市)の論文募集案内をお送りいたします.本研究会は,テレイマージョン技術研究会,香り・味と生体情報研究会との共催(協賛:信学会食メディア研究会,可視化情報学会みえる化研究会)となります.
多数の皆様からの発表申込みをお待ちしております.ぜひご発表をご検討ください.

◆日程: 2019年 6月13日(木)~ 6月14日(金)
◆議題: 一般論文
◆発表申込締切: 2019年5月10日(金) 17日(金)※締切延長
◆参加宿泊申込: 2019年5月10日(金) 17日(金)
◆発表原稿締切: 2019年5月20日(月) 27日(月)

◆会場:佐賀県武雄市 ホテル春慶屋会議室
 https://www.syunkeiya.jp/

◆参加費(予定):
 一般(非会員) 3,500円
 一般(会員)  3,000円
 学生      2,000円
 ※ 論文別刷料金は50部5,000円,100部8,000円です.
 ※ また、研究会で宿泊の手配も行っております。
   ご希望の方は本文下の手順に従い5/10までにご連絡くだだい。

◆共催:
 テレイマージョン技術研究会
 サイバースペースと仮想都市研究会
 香り・味と生体情報研究会

◆協賛:
 電子情報通信学会 食メディア研究会
 可視化情報学会 みえる化研究会

◆発表申込方法:下記宛に E-mail にてご連絡ください.
 kenkyukai[at]sigcs.org
  • メールの件名(Subject)を「発表申込:第67回CS研究会」とし,本文に以下を明記の上,お申し込み下さい.
  • 発表題目
  • 発表者名(登壇者に○)および発表者の所属
  • 概要(50字程度)
  • 発表申込者連絡先(住所,氏名,Tel.,Fax.,e-mail)
◆原稿送付方法: お申し込み後,追って詳細を連絡いたします.

◆投稿要領などは https://www.sigcs.org/ をご参照下さい.
 研究会ホームページにリンクされています.

◆参加申し込み--------------------------------------------
 研究会で宿泊の手配を承ります.宿泊,食費込みで16350円の予定です.
 宿泊手配ご希望の方は,5/10までに以下をメールでご連絡ください.
 詳細をご返送いたします。
  • メール件名(Subject)「宿泊申込:第67回CS研究会」
  • メール宛先:kenkyukai[at]sigcs.org
  • 参加者氏名:
  • 所属:
  • 性別:
  • 喫煙の有無:
  • 領収書の宛名等:
  • その他,ご要望など:
◆問い合わせ先:
 サイバースペースと仮想都市研究会
 E-mail: kenkyukai[at]sigcs.org

◆研究会ホームページ:
 サイバースペースと仮想都市研究会 https://www.sigcs.org/

2019年2月27日水曜日

CollabTech 2019 CFP(京都 9月)

本研究会が協賛している国際会議CollabTech 2019のご案内です。

====================================================================
*** CollabTech 2019 Call for Papers ***
The 25th International Conference on Collaboration Technologies and
Social Computing
Kyoto, Japan - September 4-6, 2019
Submission Deadline: April 15, 2019
http://www.collabtech.org/
====================================================================
We invite you to participate in the 25th International Conference on Collaboration Technologies and Social Computing (CollabTech 2019).

The conference is a major forum for both academics and practitioners to exchange their experiences related to the development and use of collaboration technology, and it has a strong focus on technology design and development. Most published papers propose innovative technical + human + organizational approaches to expand collaboration support, often backed up by theory brought from various disciplines including computer science, management science, design science, cognitive science, and social science. However, the conference also seeks papers with theory, models, design principles, methodologies, and case studies that contribute to better understand the complex interrelations between collaboration and technology. Considering the heterogeneity of research in collaboration and technology, researchers may address the validation of their work through multiple approaches including laboratory experiments, fieldwork, analytic evaluations, case studies, prototyping, and empirical tests.

This year, the conference is the first merger of the 2 major conferences CRIWG and CollabTech which have been jointly held for the past few years, with slight renewal of its name to represent expanding scope of the field. It is held in the birthplace of CollabTech, Japan!

*** Topics ***
Topics of interest include, but are not limited to,

- Collaboration technology
+ Multi-user interfaces
+ Collaboration frameworks, toolkits and design patterns
+ Mobile/Web collaboration devices and systems
+ Work-on-demand platforms
+ Physically-embodied collaboration devices and systems
+ VR/AR for collaboration
+ Multi-agent/AI systems supporting collaboration

- Collaboration through social media
+ Online communities
+ Crowdsourcing
+ Behavioral incentives
+ Social media analytics
+ Digital inclusion using social media

- Organization design and engineering
+ Work analysis, work modeling and process management
+ Group decision-making and negotiation
+ Group-oriented knowledge management
+ Virtual, ad-hoc, mobile organizations
+ Measuring team performance

- Collaboration in specific application domains
+ Computer supported collaborative learning(CSCL)
+ Computer supported cooperative design (CSCD)
+ Computer supported inter-cultural collaboration
+ Collaboration in healthcare
+ Open science

*** Important Dates ***
Paper Submission           : April 15, 2019
Notification of Acceptance : May 31, 2019
Poster Abstract Submission : June 10, 2019
Poster Notification        : June 17, 2019
Camera Ready Papers        : June 24, 2019
Conference                 : September 4-6, 2019

*** Submission Guidelines ***
Electronic paper submissions are accepted in two categories: full papers
and poster abstracts. Full papers have a length of up to 16 pages, while
poster abstracts have a maximum length of 4 pages. Full papers appear in
the proceedings, while poster abstracts are made electronically
available. Accepted full papers will be published by Springer as part of
their Lecture Notes in Computer Science (LNCS) series
(www.springer.com/lncs).

*** Journal Special Issue ***
The authors of the best papers presented at the conference will be
invited to submit extended versions to a journal special issue.

*** Organizing Committee ***
- Conference co-chairs
Hideyuki Takada, Ritsumeikan University, Japan
Satoshi Ichimura, Otsuma Women's University, Japan
Ulrich Hoppe, University Duisburg-Essen, Germany
- Program co-chairs
Hideyuki Nakanishi, Osaka University, Japan
Hironori Egi, The University of Electro-Communications, Japan
(Collaboration field)
Irene-Angelica Chounta, Tartu University, Estonia (Social Computing field)
- Financial co-chairs
Junko Ichino, Tokyo City University, Japan
Atsuo Hazeyama, Tokyo Gakugei University, Japan
- Publicity chair
Takashi Yoshino, Wakayama University, Japan
- Local arrangement chair
Hiroaki Ogata, Kyoto University, Japan
- Local arrangement members
Maki Ichimura, Ritsumeikan University, Japan
Juan Zhou, Ritsumeikan Universitty, Japan
- Publication chair
Nelson Baloian, Universidad de Chile, Chile
- Registration chair
Kentaro Takano, Fuji Xerox, Japan
----------------------------------------------------------------------

2019年2月14日木曜日

第66回研究会プログラム

第66回日本VR学会サイバースペースと仮想都市研究会を下記の通り開催いたします.
皆様のご参加をお待ちしております.

◆日程:2019年 2月26日(火)
◆会場:日本大学文理学部 百周年記念館 2階会議室1

https://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
https://www.chs.nihon-u.ac.jp/map/

参加費(資料代)
一般(非会員)   3,500円
一般(会員)    3,000円
学生      2,000円
※論文別刷料金は50部5,000円、100部8,000円です.

◆プログラム
12:40-13:00 (受付)
13:00       開会、案内

13:05-13:35
WaraWara(笑笑)Tube:動画共有サイトで「笑いの表情」を共有するスマートフォンアプリ
○鈴木 翔偉、坂内 祐一(神奈川工科大学)

13:35-14:05
没入型ARシステムにおける等身大3Dモデルの指示動作に対するユーザの認識精度
○黒田 直柔、坂内 祐一 (神奈川工科大学)

14:05-14:35
MR空間における歩行の安全性を考慮した空間切り替え制御手法に関する一検討
  ◯小沢健悟, 小川剛史(東京大学)

(休憩)

14:50-15:20
ゲーミフィケーションを用いたバリア情報収集システムの検証実験
○大和佑輝, 呉健朗, 宇野広伸, 樋口恭佑, 宮田章裕(日本大学)

15:20-15:50
目覚まし時計のアラームによる灌水行動の動機付けに関する研究
栁村憲哉、〇中茂睦裕(第一工業大学)

15:50-16:20
豊かな生活を目指した地域電力消費量のモニタリングの試み
○渡辺喜道(山梨大学)

◆問い合わせ先:
 サイバースペースと仮想都市研究会 千明裕(NTT)
 E-maill: kenkyukai[at]sigcs.org
         chigira.hiroshi[at]lab.ntt.co.jp

◆研究会ホームページ:
 サイバースペースと仮想都市研究会
 http://www.sigcs.org

2018年12月19日水曜日

第66回研究会論文募集

--------------------------------------------------------------------
日本バーチャルリアリティ学会
第66回サイバースペースと仮想都市研究会 論文募集のお知らせ
--------------------------------------------------------------------
VR学会サイバースペースと仮想都市研究会は,2019年2月26日(火)に 日本大学文理学部にて研究会を開催いたします.
活発な議論の場としていただければと存じますので, 多くの皆様のご発表のお申し込みをお待ちしております.

◆日程:2019年 2月26日(火)
◆会場:日本大学文理学部 百周年記念館 会議室1
https://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
https://www.chs.nihon-u.ac.jp/map/

◆議題:一般論文
      本研究会では,VR技術に関する研究発表を幅広く募集いたします.
◆発表申込締切:2019年 1月21日(月)
◆原稿締切:  2019年 2月4日(月)
 論文別刷料金は50部5,000円,100部8,000円です.

◆発表申込方法
 下記宛に E-mail にてご連絡ください.
  kenkyukai[at]sigcs.org
 メールの件名(Subject)を「発表申込:第66回CS研究会」とし,
 本文に以下を明記の上,お申し込みください.
===========================================================
  発表題目:
  発表者名(登壇者に○)および発表者の所属:
  概要(50字程度):
  発表申込者連絡先(住所,氏名,Tel.,E-mail):
===========================================================

◆原稿提出方法:お申し込み後,追って詳細を連絡いたします.

◆原稿執筆要領などは http://www.sigcs.org をご参照ください.
 研究会ホームページにリンクされています.

◆問い合わせ先:
 サイバースペースと仮想都市研究会
 E-maill: kenkyukai[at]sigcs.org

◆研究会ホームページ:
 サイバースペースと仮想都市研究会
 http://www.sigcs.org
--------------------------------------------------------------------