2017年11月20日月曜日

第20回シンポジウムプログラム


第20回シンポジウムのご案内


日本バーチャルリアリティ学会
サイバースペースと仮想都市研究委員会


拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます.平素は当研究会の活動にご理解ご協力を賜り厚くお礼申し上げます.
さて、1997年に第1回を開催した当シンポジウムは、好評のうちに19回を数え、今年も12月7日に開催する運びとなりました.
今年も、昨年に引きつづき、デモ付き講演のみによるインタラクティブなシンポジウムとして実施いたします.
敬具


サイバースペースと仮想都市研究会シンポジウム
「サイバラクティブチャレンジ」

■日時
 平成29年12月7日(木) 13:00~17:00
■会場
 キャンパスイノベーションセンター東京 5階リエゾンコーナー509AB
■主催
 日本バーチャルリアリティ学会 サイバースペースと仮想都市研究委員会

■プログラム
12:30~     受付開始
13:00~13:05 開会の辞

13:05~14:35  【招待講演】人にやさしいコンピュータの実現をめざして
        宮田 章裕(日本大学 文理学部 情報科学科 准教授)

14:05~14:20 休憩

14:20~14:35 TouchLog:反射型光センサを利用した指腹皮膚変形計測による接触力情報の推定
        ○久能 若葉(慶應義塾大学)、河合 航(東京大学)、杉本 麻樹、杉浦 裕太(慶應義塾大学)

14:35~14:50 サーマルグリル錯覚による辛味提示システム
    ○吉田 圭佑、小川 剛史(東京大学)

14:50~15:20 デモの実演

15:20~15:35 休憩
 
15:35~15:50 スマートフォンを用いたVRメンタルヘルスケアシステムの評価
    ○ 伊藤達哉、紙田剛、 松本敦子、 徐炯達、 楊珍、 宗像恒次、井上智雄(筑波大学)

15:50~16:05 ボケて返す対話型エージェントの実装
    ○ 呉健朗、 鈴木奨、 瀧田航平、 中原涼太(日本大学)
    中辻真(NTTレゾナント)、宮田章裕(日本大学)

16:05~16:35 デモの実演

16:35~17:00 優秀賞の投票・開票、表彰式、閉会の辞


■会場の御案内
 キャンパスイノベーションセンター東京
  JR山手線・京浜東北線 田町駅(徒歩1分)、都営三田線・浅草線三田駅(徒歩5分)
  住所:東京都港区芝浦3-3-6.アクセスは次のURLをご参照下さい.
  http://www.cictokyo.jp/access.html

■参加費
 1: 日本VR学会正会員 3,000円
 2: 仮想都市研究会登録会員 3,000円
 3: 学生 2,000円
 4: 非会員 3,500円

 ※参加費は当日現金にてお支払い下さい.

■シンポジウム実行委員会:
 委員長:本田新九郎(NTT)
 実行委員:磯 和之(NTT)、宇都木契(日立)、岡田謙一(慶應大)、
 小川剛史(東京大)、小俣昌樹(山梨大)、 千明 裕(NTT)、
 サイバースペースと仮想都市研究委員会委員長:本田新九郎(NTT)

■問合せ先:
 日本電信電話株式会社 磯 和之 iso.kazuyuki [at] lab.ntt.co.jp
 サイバースペースと仮想都市研究委員会 kenkyukai [at] sigcs.org