2016年11月25日金曜日

第19回シンポジウムプログラム

日本バーチャルリアリティ学会
サイバースペースと仮想都市研究委員会
第19回シンポジウムのご案内

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます.平素は当研究会の活動にご理解ご協力を賜り厚くお礼申し上げます.
さて、1997年に第1回を開催した当シンポジウムは、好評のうちに18回を数え、今年も12月15日に開催する運びとなりました.今年も、昨年に引きつづき、デモ付き講演のみによるインタラクティブなシンポジウムとして実施いたします.
敬具


サイバースペースと仮想都市研究会シンポジウム
「サイバラクティブチャレンジ」

■日時
 平成28年12月15日(木) 10:00~17:00
■会場
 キャンパスイノベーションセンター東京 5階リエゾンコーナー509AB
■主催
 日本バーチャルリアリティ学会 サイバースペースと仮想都市研究委員会

■プログラム
10:30~10:55 受付
10:55~11:00 開会の辞

11:00~12:30  【企画セッション】現実と仮想の境界について
        講演 大屋友紀雄(株式会社ネイキッド)
        コーディネーター 千明 裕(NTT) 

12:30~14:00 昼食

14:00~14:15 オプティカルフロー強調が移動速度感覚に与える影響の評価
       ◯浅井一輝,小川剛史(東大)

14:15~14:30 SAT法を用いた没入感メンタルヘルスケアシステムの開発
       ◯中西明日輝,野口康人,楊珍,中島寿哉,松本敦子(筑波大),
        紙田剛(筑波大学発ベンチャー株式会社マインドセットリサーチ),
        宗像恒次(筑波大学発ベンチャー株式会社SDS),井上智雄(筑波大)

14:30~15:00 デモの実演

15:00~15:15 休憩
 
15:15~15:30 テレビを10倍楽しくする雑談ロボット
       ◯西村祥吾,光崎将人(奈良先端大),川波弘道(津山高専),
        神原誠之(奈良先端大),萩田 紀博(奈良先端大,ATR)

15:30~15:45 光信号を用いたアクチュエータ群制御システムの検討と評価
       ◯深町太一,伊藤雄一,尾上孝雄(阪大)

15:45~16:15 デモの実演

16:15~16:45 優秀賞の投票・開票、表彰式、閉会の辞


■会場の御案内
 キャンパスイノベーションセンター東京
  JR山手線・京浜東北線 田町駅(徒歩1分)、都営三田線・浅草線三田駅(徒歩5分)
  住所:東京都港区芝浦3-3-6.アクセスは次のURLをご参照下さい.
  http://www.cictokyo.jp/access.html

■参加費
 1: 日本VR学会正会員 3,000円
 2: 仮想都市研究会登録会員 3,000円
 3: 学生 2,000円
 4: 非会員 3,500円

 ※参加費は当日現金にてお支払い下さい.

■シンポジウム実行委員会:
 委員長:本田新九郎(NTT)
 実行委員:磯 和之(NTT)、宇都木契(日立)、岡田謙一(慶応大)、
 小川剛史(東京大)、小俣昌樹(山梨大)、 千明 裕(NTT)、
 サイバースペースと仮想都市研究委員会委員長:本田新九郎(NTT)

■問合せ先:
 日本電信電話株式会社 磯 和之 iso.kazuyuki [at] lab.ntt.co.jp
 サイバースペースと仮想都市研究委員会 kenkyukai [at] sigcs.org